パジェロミニプラグ交換・Tベルト交換

H15年パジェロミニ97、000Kmのスパークプラグ交換とタイミングベルトの交換です。
まず、インタークーラが邪魔になるので取り付けホースを外して避けておきます。
三菱車は専用ソケットが必要です事前に確認したほうがいいですよ。

外したスパークプラグはだいたいこのような感じになっています。

そして新しいプラグを装着していけば作業は完了間近です。

インタークーラーを元に戻っせばOKです。
外したような状態で使い続けるとパワーも出ない、燃費は悪いといい事はありません。
当方でお買い上げいただかなかった方も、気にして確認してください。

引き続いてタイミングベルトの交換です。
三菱の軽自動車の場合はファンベルトはワンタッチで外せるようになっています。
テンショナーのステーのところに9.5角のラチェットが入るので緩めてから短いドライバーまたはピンで留めてから、ベルトを外していきます。
ウオーターポンプのプーリーを外していくとこんな感じになります。

次にタイミングベルトのカバーを外して、篆書ナーを外してタイミングベルトの交換です。
交換が合われば外してきた逆に、カバー取り付け、ウオーターポンプのプーリー取り付け、ファンベルトを装着して終わりです。

いい感じに仕上がっています。
最後に交換済シールを貼って終わりです。

あと10万キロ位大丈夫と思います。


お問い合わせ

TEL: 0568-47-2703

FAX: 0568-47-2702

10:00 ~ 19:00   

営業時間