SUZUKI keiミッション不良

時々整備依頼があるお客様のkeiがシフトしなく吹き上がってしまうと言う事で預かりました。
距離は87、000Km位で、ATFを見た限りでは交換された感じはありませんでして。
おそらく相当に鉄粉も溜まっているだろうと予想しました。
基本的には汚れを落として、機械的に動く部分の妨げにならない様にすれば本来のあるべき姿になると思っていますので以下のようにクリーニングしていきました。
まずは、漏れてATF(AUTOMATIC TRANSMISION FRUDE)の残量チェックをしましたが残量は十分ありました。

しかし汚れは相当といった感じです。

早速抜き取りを始めました。

デフからも抜き取りを済ませて準備が整いました。

オイルパンを外すとこんな感じ、予想どうりの状態です。

丸いのは磁石で鉄粉を集めてくれます。ここで捉えきれない状態なのは見て取れると思います。

このように磁石はきれいにしました、オイルパンもきれいにクリーニングができました。

ATユニットは外して分解して掃除するほうが良かったのですが費用がかさむので周りとストレーナーを掃除して終わらせました。

装着が済んだら、オイルパンの装着です。シールパッキンを使ってしっかりシールします。

装着が終われば、ATFを規定量入れて終了です。
一応は綺麗になりましたが、ユニット内部、ミッション本体、トルクコンバーター、デフより取りきれなかった鉄粉が出てきます。しばらく走ったらもう一度掃除をしたほうがいいかもしれませんね。
ちなみに、ATFが十分行き届いたらとってもいい感じで走るようになりました、シフトフィーリングもとってもいいです。



お問い合わせ

TEL: 0568-47-2703

FAX: 0568-47-2702

10:00 ~ 19:00   

営業時間