スバルR2タイプS S/C 排気バルブ交換

入庫したR2に関しまして、点検の時から違和感を感じていた部分(エンジン)のチェック結果は一番シリンダーの排気バルブの曲がりまたは破損により圧縮抜けという結果が出ました。
修理の流れとしては、エンジンヘッドを外し、バルブの交換、ガスケット交換、ついでにタイミングベルトの交換をすませて組み上げると言った流れです。
まず補器類を外してヘッドを外します。

ヘッド側はこの様な状態です。

一番シリンダーの排気バルブの破損です。

おもった通りに破損していました。原因は特定できません、他メーカーでも有りました。
外した破損バルブです。この状態では圧縮は無いですね。

排気バルブは2本とも新しいバルブと交換しました。
ステムシールも交換しました。

スラッジもち下り覗いてクリーニングも完了です。
ヘッドガスケットを交換してヘッドを組みつけていきます。

スラッジは秘密兵器で綺麗に溶かして除去いたしました。
次にタイミングベルトを外したので新しいタイミングベルトに交換して装着します。

いい感じでくみ上げっていきます。

プラグ、インタークーラーなど装着がすべて終わったらLLCを充填してエアー抜きです。

エアーが抜けてしまえば作業は終了となります。
仕上がった車両の試乗はスタートもスムーズで力強い加速です。
いい感じで仕上がったと思います。
希少な車なので長く使って頂きたいと思います。



お問い合わせ

TEL: 0568-47-2703

FAX: 0568-47-2702

10:00 ~ 19:00   

営業時間