ライフ スパークプラグ交換及びカムカバーシール

入庫したばかりのライフの整備です。
いまいちエンジンの吹きあがりが悪いのでまずプラグの交換をする事にしました。

まずイグニッションコイルを外してからプラグを外していきます。

外したプラグはこの通りの状態で交換時期でもあります。
この時に、プラグホールにオイルが流れ込んでいるのが見つかりました。
カムカバーのゴムシールパッキンが痩せてきているからか?
カバーの締め付けが弱いのかわかりませんが、一旦外して確認します。

プラグホールのゴムシールを外して洗浄してから、液状シールパッキンを入れてしっかりシールします。
その前にプラグは交換してしまいました。

新品だからとても綺麗ですね。

カムカバーは外したついでに洗浄して綺麗にしました。

カバーが装着出来たらイグニッションコイルを装着して出来上がりです。
今回のようにプラグホールへのオイルの侵入は、
スパークプラグが点火できなくなる事が有ります。
異常なエンジンの振動など起こる事が有ります。


お問い合わせ

TEL: 0568-47-2703

FAX: 0568-47-2702

10:00 ~ 19:00   

営業時間