プジョー307SWのスパークプラグ及びATFの交換

プジョー307SWのスパークプラグが届きましたので交換とついでにATFの交換です。
エンジンカバーを外してから、イグニッションコイルを外してプラグを外します。

エンジンが後側に倒れているので外しにくいです。
外したスパークプラグはこんな感じです。

新しいスパークプラグはNGKイリジュウムMAXプラグです、
少し高いですが10万Km使えるとの事です。
なかなか交換する機械が無いと思いますのでロングライフの物が良いと思います。
後はエンジンカバーを装着しておしまいです。

次にATFの交換をしておきたいと思います。
ドレンボルトを外し、オイルゲージも外してATFを抜きます。

抜けたらゲージを入れ、ATFを注入します。

ドレンからオーバーフローしてくるまで注入です。大体2L位と思います。
ゲージからフローしてきたら、ドレンボルトを締めて終わりです。
注入口のボルトも閉め忘れの無い様にね。

タイミングベルト、ウオーターポンプ交換は部品が届いてからです。
後日掲載します。

 

お問い合わせ

TEL: 0568-47-2703

FAX: 0568-47-2702

10:00 ~ 19:00   

営業時間