タウンボックスATクリーニング

タウンボックス12万Km越えの車両です。
1速から2速へのシフトアップ時のショックが結構感じられましたので
ATユニットのクリーニングをすることにしました。

ATF(Automatic Transmission Fluid)を抜いてからオイルパンを外します。
ATFは抜いてもオイルパンに残っているので慎重に外さないと油まみれになります。
外したオイルパンの内部です。細かなアルミ粉末があるのが判るでしょうか?

内部をきれいにして、磁石も綺麗にして取付準備をしておきます。
ユニットは今回は外さないでパーツクリーナーできれいにします。
(汚れがひどい場合は、ユニットを外して分解してクリーニングします。)
画像の一番下についているのがストレーナー(フィルター)です。
結構目詰まりしていますので絶対にクリーニングか新品交換がいいです。

今回はこれくらいの作業で問題ないかなといった感じです。
あとはオイルパンを装着してATFに注入です。
ATFはWAKO’Sのものを注入して完了です。
エンジンをかけシフトレバーをR→N→Dと作動させミッション本体にATFが行き渡るのを確認します。
いったんエンジンを切って、ATFゲージで油量を確認します。
適量であれば作業終了となります。
実走行はシフトショックもなくスムーズなシフトアップとなりました。
この車はすでにお客様のところへ行ってしまいましたが、乗られれば実感できると思います。

 

お問い合わせ

TEL: 0568-47-2703

FAX: 0568-47-2702

10:00 ~ 19:00   

営業時間