プジョー307SWのATF交換とスパークプラグ交換

在庫車両の整備です。先日、試乗の時1速~2速のシフトアップ時に少しショックを感じました。
ATFの交換時期かな?と思いましたので交換作業とスパークプラグの交換です。
まずはATFから始めます。ドレンボルトを抜いてオイルを抜きます。
オイルゲージもあるのでゲージも抜きます。

 


結構汚れたATFが出てきました。
今回は汚れが気になったので、ユニットのカバーも外して綺麗にしたいと思います。


外したカバーです、中には鉄粉など回収する2個マグネットがあります。
これは真っ黒に汚れているのできれいにふき取ります。
カバーも綺麗にしてマグネットも元の位置にセットします。


ほんとは外したかったのですが今回はパーツクリーナーのみで洗浄です。
因みにソレノイドバルブはユニット上の手前と奥に2個ずつセットされています。


あとはカバーをして完了です。


次はATFの充填です。
当店ではWAKO’sのオイルを使用しています。


充填して完了です。
次はスパークプラグの交換です。作業スペースが狭いです。


イグニッションコイルを外してプラグを抜きます。


ちょうど交換時期くらいですね。新しいプラグはイリジュウムプラグです。
ロングライフなのがいいですね。


ついでなのでエンジントリートメントもしておきました。
スロットルとインテークはきれいになったと思います。


試乗してきましたらミッションのシフトフィールはスムーズなシフトでいい感じになりました。


お問い合わせ

TEL: 0568-47-2703

FAX: 0568-47-2702

10:00 ~ 19:00   

営業時間