シトロエンC5ツアラーセダクションの整備

先日入庫したシトロエンC5ツアラーセダクションの整備です。
まずエンジンのフラッシング、エンジンオイル交換。
ATFの交換の順で、最後はスパークプラグの交換になります。
まずはオイル交換ですが、前日フラッシング剤を入れて2時間ほど始動させておきました。
アンダーガードを外して、ドレンボルトを外してオイルを抜きます。
墨汁の様なオイルが出てきました。スラッジが溶けてきた証拠ですね。
あとはドレンボルトを締めて、オイル注入でおしまいです。

オイル交換は完了です。
次はATFの交換です。
ドレンボルトのセンターにあるネジを外さないとドレンボルトは外れません。

T40のトルクスネジになります。

ゲージからフローしたATFが出なくなるのを待って、ドレンボルトを抜きます。

外したゲージ付きのドレンボルトです。

ATFの注入はドレンボルト側からになります。チェンジャーで送り込んで充填完了です。
国産では使わない工具ですね。下回りアンダーガードを装着して完了です。

最後はスパークプラグ交換です。

イグニッションコイルを外してスパークプラグを抜きます。
外したプラグはまだ使えるのかもしれませんが交換時期が不明なので交換します。

高級なプラグです、10万Km保証だから安心ですね。

あとは組上げて完了です。

交換作業は完了、当分心配なところはないですね。


お問い合わせ

TEL: 0568-47-2703

FAX: 0568-47-2702

10:00 ~ 19:00   

営業時間